知っておきたい!信用取引の主な特徴と留意点

信用取引に関しての基本知識

信用取引は自分自身の所持金より数多い投資が可能な形式です。普通なら10万円資金がありますと10万円相当分のトレードしかできないことになりますが、信用取引でしたら30万円トレードができるといえます。利用しやすい一方で、ダメージを受けた時の危険度が高くなります。しかしながら結果を残した時は元金があまりなくて非常に大きく収益を獲得することができます。信用取引は信用買い及び空売りといったメソッドがあります。信用買いであれば手持ち資金の3倍までのトレードできます。

信用取引のメリットとは

3倍の取引が可能という事は、3倍の実益が生じます。信用買いのプラスの面は、持ち金があまりなくて元々購入できなかった銘柄の場合でも手に入れることができるところです。空売りは、購入してない株を前もって売ることが出来るシステムです。どうして購入してない株を売れるかと言いますと、証券取引所より当該の銘柄の株を借り入れできるためです。借り入れているので、将来的にその株を返却することが不可欠です。従ってマイナスを被った時のリスクは大きくなるのです。

空売りは証券会社で限定した銘柄しか取引できません

1つの例として間もなく下がると予見する株があるケースで、株価が非常に高い時に売ります。このことが空売りになります。それから、株価が落ち込んだ時に買い戻すことにより差が出た分が儲けになります。買って戻した株を証券取引所に返却すれば問題ありません。空売りが可能な銘柄は証券取引所によりまして決定されているので、ありとあらゆる銘柄ですることができることではないです。信用取引によってプラスに持っていくためには、常時新着の情報をピックアップすることが不可欠となります。不祥事といった良くないニュースがあるとマーケットがあっという間に移り変わるためです。

信用取引とは、一定の保証金等を担保に証券会社から資金を借り、手持ちの資金以上の投資を行うことが出来る仕組みのことです。手持ちの資金以上の投資ができるため、損失額が大きくなるデメリットもあります。