取引の幅は広がるが、コストも意識して行いたい

自己資金よりも大きな投資が可能

投資をするとき、100万円分の投資なら100万円が必要になります。株式でも銀行預金でも同様になります。でも少ない資金でそれ以上の資金で投資したのと同じ利益が得られる場合があります。それが信用取引です。株式であれば、必要な証拠金を差し入れておけば、その数倍の取引が可能になります。同じ利益を得るにしても、元の資金を減らすことが出来るので、資金効率が高くなります。どんどん利益を得たい場合には、適している方法と言えます。

下落相場でも利益を得ることが出来る

株式投資をするとき、価値が低い時に購入して高くなったときに売ることで利益を得ます。上昇している状況であれば利益が得られる可能性がありますが、すでに高値の状態だと利益が得にくい場合があります。せっかくお金があるのに、もったいなく感じることもあるでしょう。信用取引は、買いから始める一般的な取引もできますが、売りからも行えます。下落時には高値で売っておき、下がってから買い直すことで、価格差を得ることが出来ます。

株式の売買でかかる費用を意識する

一般的な株式売買の場合、売買手数料がコストとしてかかります。各会社で手数料が異なりますが、場合によってはかからない買い方も可能です。信用取引で株式の売買をするとき、取引手数料以外に費用が発生することがあります。信用買の時には、融資に対するコストがかかり、信用売りの時には貸し株に対するコストがあります。その他、証券会社によっては口座管理のための手数料がかかることがあります。業者によってコストは変わります。

最初に必要な信用取引の費用は、口座開設費用ですので、取引会社によってその額が変わります。また信用取引は現物取引に比べて取引費用が少なくて済むメリットがあります。